画期的な宣伝方法として注目されている中綴じ印刷のハテナ

ウーマン

名入れの持つ宣伝効果

カレンダー

自社をアピールする方法は様々ですが、費用対効果が高い宣伝方法と言えば、名入れカレンダーが有名です。一年中飾って置けるカレンダーに自社の名前を入れれば、お客様の身近で365日宣伝することが可能です。

2つの綴じ方

カラーチャート

個人の冊子の特徴

データをネットで送信することによって簡単に冊子が作れるようになりましたが、冊子には中綴じ印刷と無線綴じ印刷の二つがあります。中綴じ印刷は中央部分を針金で止める綴じ方で冊子を作りますが、少ないページのときや図や写真が多く見開きで利用したいケースに利用される製本方法です。一方、無線綴じ印刷は背表紙と中身を糊で接着して製本する方法で、ページ数が多いときや長期保管をしたいときに利用されます。ネット送信で冊子を作る場合は、図や写真を多用することが多く、ページ数もそれほどになることもないため中綴じ印刷が適していることが多いようです。中綴じ印刷の総ページは4の倍数にしなければならない制約がありますが、ページレイアウトの自由度が高いので専門的知識がなくても冊子のレイアウトを決められるメリットがあります。業者によって中綴じ印刷が可能な総ページ数は異なりますが、多くの場合40ページ程度になっています。それより多ページの冊子を中綴じ印刷で作ることもできますが、紙が重なっているため真ん中のページと最初と最後のページではずれが起きやすくなるので40ページ程度の抑えておくとよいでしょう。中綴じ印刷に向いている冊子としては、顧客に説明するパンフレットは軽量で持ち運びがしやすく、開きやすいので使いやすくなります。無線綴じ印刷と比較すると製本方法がシンプルなので、印刷のコストが安くなるので個人で冊子を作るには無線綴じ印刷よりもコスト的な助かります。

Recommend Link

  • 株式会社オルパ

    透明封筒の印刷をしたいなら、こちらの業者に依頼するといいですよ。料金も安いので経費を抑えることにも繋がるのです。

選定から相談が可能

グッズ

オリジナルのノベルティの制作を担う業者に相談すると、セールスプロモーションを行いたい商品やサービスに応じたグッズの選定からデザインまでを提案し、制作も担ってもらえます。多くのノベルティを手がけてきたノウハウに基づいているので効果的な制作方法です。

名刺を作ってもらおう

名刺

名刺印刷をしてもらえる業者は急いでいる場合、短納期を行っているところにするといいでしょう。また一枚あたりの単価が安いところが良く割引価格サービスやポイント制度があるとさらにお得に利用できます。メール便の送料も計算に入れて無料にしてくれるところにするのです。